×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

世界一カッコイイ
ガーディアンを作る!!

インテイクの改造(その1)

設定上ではインテイクということになっている、頭部後方の四角い部分。きちんと塗ってやれば、キットのままでもそれなりの雰囲気は出ると思うのですが、世界一のカッコ良さを目指すからには、手を加えないわけにも行きますまい。

左:まずはインテイクパーツの裏側から、2mm程度のピンバイスでバスバスと穴を開けます。
左下:ピンバイスで開けた穴と穴の間をニッパーの刃先でつなげて、中央部を取り除きます。
下:正面から見ると、こういった状態になるわけです。毎度のことながら、もう後戻りは出来ませんね。

上の作業でおおまかに開口したインテイクパーツを、デザインナイフとヤスリを駆使して、左のようにきれいにくり抜きます。くり抜いた内側の面は、耐水ペーパー等できれいに整えておきましょう。

ちなみに、インテイクパーツの下面を左のように少し削っておくと、頭部後方に設置した時の座りが良くなります。

次に、ボディ側のインテイク部分をくり抜いてみましょう。先に開口したインテイクパーツをゲージに、シャーペン等で左のようにアタリをつけておきます。

上でつけたアタリを目安に、インテイクパーツの加工と同じ要領で、ピンバイスで穴を開け、ニッパーを入れておおまかに開口します。

上で開けた穴を広げる前に、余計な部分を傷つけてしまわないよう、左のように適当な樹脂板で保護しておきます。ここで使ったのは、ワイシャツを買うと襟の部分に入って来る、透明塩ビのアレですね。

ピンバイスとニッパーで開けたおおざっぱな穴を、デザインナイフで削って左のように広げました。
左のようにインテイクパーツをあてがった時に、ボディ側の開口部が見えないところまで、穴を広げておきましょう。ボディ側の開口部の内側の面は、特にペーパーがけ等する必要はないと思います。

前に戻る次に進む

コーナートップへ